お風呂で使用する方法

2014.11.19|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

アロマの使い方は様々ありますが、特にお風呂タイムはリラックスできますので、香りを楽しんだり、さらに呼吸器や皮膚からアロマの成分をしっかり取り入れていくこともできます。

 

 

安全に使うためにも正しい使い方をすることが大切ですが、使用する精油の量はバスタブに3~5滴程度になっていますので、一瓶入れるなど過剰に使うことは避けましょう。

 

 

お風呂には直接オイルを落とすこともできますが、キャリアオイルに混ぜたり、岩塩などに混ぜて好みのバスソルトを作るという方法もあります。時間があるときは重曹やクエン酸を利用してバスボムを作るのも楽しいものです。
オイルのほかにもハチミツや牛乳などとも混ぜることができ、肌に直接精油が当たらないので、肌への刺激も抑えることができます。

 

 

ブレンド方法は様々ありますが、香りの相性の良いものを選んでいきましょう。
ラベンダーは他の精油とも相性がよく合わせやすいオイルのひとつです。
ゼラニウムやクラリセージは体を温めるのにも役立ってくれますし、イランイランやローズはリラックスを与えてくれます。

 

 

さらジュニパーはむくみにも効果もありますので、冷えやむくみの解消に役立ちます。
肌の弱い方は刺激の強い精油は避け、穏やかな作用のものを選びましょう。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。