イランイランの芳香成分の効能について

2014.10.21|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

イランイランの芳香成分は、モノテルペンアルコール類のリナロールやセスキテルペンアルコール類のファルネソール・エステル類の酢酸ベンジル・酢酸ゲラニル・安息酸メチルになります。

 

イランイランはバンレイシ科の木になり花から抽出します。オリエンタル系でエキゾチックな甘い香りがしてカラーはオレンジ色や黄色になります。イランイランの作用は、気分をリラックスさせる働きがあり、神経を強壮して気持ちを落ち着かせる働きがあるといわれています。イライラや落ち着きの無さが和らいで女性的なエネルギーを高める効果があるといわれていて香水にも使用されています。

手紙02

ホルモンバランスを整える働きがあり、月経の痛みの緩和や月経不順・更年期障害などの症状を緩和する効果があるといわれています。皮膚への効能もあって、皮脂の分泌を調整する働きがあるので、乾燥肌・オイリー肌の両方に作用するといわれています。

 

頭皮の環境も整える働きがあり、脱毛予防や髪の成長促進・頭皮の皮脂のバランスの調整効果などにも有効といわれています。

 

イランイランと相性が良いエッセンシャルオイルは、グレープフルーツやベルガモットのような柑橘系やチュベローズ・ラベンダーなどのフローラル系と相性が良いです。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。