芳香剤として使用する方法

2014.11.19|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

玄関やトイレ、下駄箱など臭いの気になる場所に、芳香剤を置いていやな臭いを消す家庭は多いでしょう。店には各種のもの売られ、購入するのに迷うほどあります。レモンやラベンダー、バラなどいろいろな香りがあり、好みの香りで選ぶのが一般的でしょう。このほとんどが人工的な香りで、この香りが苦手な人もいます。そんな人たちのために、オイルをブレンドして自然の芳香剤を作ることができますので、ご紹介しましょう。

本05

 

エッセンシャルオイルなど自分の好きなオイルと保冷剤だけで、簡単に作れます。冷凍していない保冷剤を袋からボールに出し、そこにオイル数滴をたらしてよくかき混ぜます。
それを、布袋やガラスコップなどに入れて、臭いの気になるところなどに置きます。
香りを強めにしたい場合は、オイルの量を増やしてください。

 

 

寝室には、カモミールやラベンダーの安眠に効果をもたらすオイルを使うのがお勧めです。リビングには、ローズやカモミールなど、癒しのオイルを使うのがいいでしょう。天然オイルを使うため、赤ちゃんや高齢者の寝室に置くのも安心です。いろいろなオイルをブレンドして、オリジナルな香りを楽しみながら作るのもいいですね。

 

 

オリジナルの芳香剤を作って、かわいい布袋に入れれば、お友達などにプレゼントすると喜ばれるでしょう。ついでに、作り方も教えてあげれば、さらに感激されること間違いありませんよ。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。