他のオイルとのブレンドとその使われ方

2014.11.19|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

精油は単体でもとても良い香りがしますが、他の精油とブレンドすると、別の味わいがある香りが生まれます。

本03

自分だけのオリジナルの香りがつくれるので、市販の香水やオーデコロンに物足りなさを感じている人にはお薦めです。また、複数の精油を組み合わせることで、それぞれの有効成分を一度に取り入れることができます。単体の精油の香りや効果に物足りなさを感じているなら、ぜひ別の香りを加えてみましょう。精油のタイプは、樹木系、フローラル系、オリエンタル系の3つに大別されます。同じタイプの精油を組み合わせても良いのですが、別のタイプの精油同士を組み合わせると、より深みのある香りがうまれます。一般的に、樹木系は森林の清々しい香り、フローラル系は花の甘い香りがします。どちらも単体ではシンプルで、やや特徴に欠ける香りですが、エキゾチックなオリエンタル系を加えると、深い奥行きが生まれ、独特の印象的な香りを作りだすことが出来ます。

 

 

また、同じタイプの精油は薬効も同じような場合が多いので、別のタイプを組み合わせると、複数の効果を得ることができます。例えば、皮脂汚れをしっかり落とすのに肌を潤す、というような二つの効果が得られるのです。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。